​後南朝とは

天皇家は実は二つある。

南朝と北朝である。

そして、北朝の天皇である明治天皇が、

南朝天皇家が正統であると正式に発言している。

後ろに見えるのは奈良・吉野にある南朝大本営である。

桜が美しいところだ。

 

この二つの天皇家は1392年、

南北朝合一を果たした。

室町幕府、第三代将軍足利義満のときである。

南朝と北朝で天皇を交代する両統迭立する約束をした。

しかし、室町幕府と北朝天皇家はそれを反故にした。

 

怒った南朝天皇家は吉野にこもり、

自分たちの正統性を唱えた。

これが後南朝である。

後南朝は正式な歴史書でも応仁の乱のときに登場する。

 

そして、後醍醐天皇は50人近い皇子を生んでいたため

​実は全国に広がっている。

 

征夷大将軍・宗良親王は新葉和歌集で有名である。

征西大将軍・懐良親王は中国皇帝より

日本国王と正式に任命されている。

多くの皇子がいる。

​その子孫が後南朝である。

© 2018  宇宙歴史自然研究機構  <UCNO> universe culture nature organization